2018/04/02

ちゃぶ台

 


ちゃぶ台を製作いたしました。

床に座って使うためのテーブル、座卓。その座卓の中で、脚が折り畳める構造の「ちゃぶ台」。
円い天板のちゃぶ台を、今日の暮らしにおすすめする家具の一つとして、ご紹介いたします。

昔ながらの技法を用い、折り畳み方は、木の組み合わせを利用し自立させ、また畳む仕組み。
内部に強度を高めるため金物も使用していますが、目に見える部分は、木材で組上げており、
脚を折り畳んで壁に立てかけても、スッキリと様になる佇まいとなっています。


横方向の強い負荷が掛かったり、頻繁な折畳みによって、脚が万が一に傷んだ場合でも、
脚の修理、交換ができるよう脚が取り外せる構造にもなっています。




こちらの大きさは、天板の直径が75㎝、高さ25㎝。
大人数で、食事をするというより、一人または数人で、お茶を飲むなど、
くつろぐ場をお膳立てするようなミニマムな天板のサイズ感。


折畳みの構造上、納まる脚の長さの制限があり、この天板サイズでは最大の高さ。
正座する、座布団を敷くのように、座り方によってことなりますが、
食事や、書き物をするといった用途の場合、天板高さは、30~35㎝が一般的。
25cmでは低いのではないかと感じるかもしれませんが、くつろぎの場のテーブルとしては、
違和感はありません。
もし一般的な30cm以上の高さのちゃぶ台にしたい、という場合は、
直径90㎝以上の天板サイズからのご注文となります。
 


昔のちゃぶ台は、ねこ脚のように脚の形状が色々ありますが、
マヤッカのちゃぶ台の脚は、角に丸みを持たせた四角型。シンプルに安定感ある形です。
 
 
 
 
 
majakkaの考えるちゃぶ台の良さは、
大切に使うというカタチ、を残していくことのできる家具であること、と思っています。
使い古されたちゃぶ台は、ユーズド品としても人気があり、古びたレトロ感が好まれています。
ただその風合いが良いというだけでなく、今日でもちゃぶ台は使い続けられる要素をもった
家具、と考えています。
脚が仕舞えコンパクトになることによって、使う場所の大きさを選ばない。
また場をフレキシブルに使える。
床で過ごす場が作られることで、床で過ごす心地よさを味わえる。
などのこれら、ちゃぶ台が本来もつ良さに加え、
majakkaでは、木の良さを活かしながら、丈夫な構造に、またどこにでも馴染むシンプルな形
に仕立てることで、より長く使われることのできる家具としてできあがります。


家族の団らんに使われていたちゃぶ台が、暮らしの舞台を変えて使われていく。
親から子へ、祖父母から孫へ、のように受け継がれる家具。
大切に使い続けられた跡を刻んだちゃぶ台が、また使う場所・人を変え使われ続ける。
そんな「継げる家具」を暮らしの中で育てていってはいかがでしょうか。

こちらに紹介したちゃぶ台は、ミニマムなサイズですが、
使う人数に応じたサイズでお作りいたしますので、ぜひご相談下さい。



-------------------------------
  【 ちゃぶ台 】
    ・ タモ / ナチュラル色オイル仕上げ
    ・ 75 × 75 × 25 (cm)
    ・ 97,000円 (税込)~
-------------------------------


=======================================
          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=======================================

2018/03/19

チェア


各種チェアを納品いたしました。

以前ダイニングテーブルをご注文いただいたお客様。
テーブルも生活に馴染み、そろそろチェアも買い換えたいということで、ご来店いただきました。
テーブル周辺のスペース、またご夫婦の座り方なども、考えながら選んでいきました。

ご夫婦がそれぞれ使うイスとして、
ご主人は、くつろぎ感の加わったアームチェア。
奥様は、動きやすさも重視しダイニングチェアを、座り心地を比較して選ばれました。
対面には、2本脚テーブルと、立ち座りの点で相性のよいベンチを揃えられました。


座面の張地は、ご夫婦それぞれ好きな色味・風合い、布地の組み合わせの相性を
ご夫婦でじっくりと相談されながら選ばれました。
ダイニングテーブルでは、パソコン作業をすることが多いことも考えながら
使いやすい高さに、イス座面の高さを合わせていきました。
ベンチは、通路の幅を考慮し、使わない時はテーブル下に全体が収まるように、
テーブルの脚との干渉を考え、ベンチの脚間隔を調整し製作していきました。





以前納められたテーブルに、タイプがそれぞれのチェア、布地がそれぞれチェアが加わり、
個性のある和やかな雰囲気の場ができあがりました。


主人が座らない時は私が座ろう、と言ってアームチェアに座ることも考えられていた奥様。
色々なタイプのチェアを揃えることで、ダイニングでの過ごし方に幅ができ、
ダイニングスペースが長く過ごせる居場所となっていくのではないでしょうか。

暮らしの中で、一番長い時間を費やす場をより居心地よくしていく。
また、長く過ごしたいと思う場所を整えていく。
そんな空間づくりを、自分にあった家具を加え、こだわってみてはいかがでしょうか。



-------------------------------
  【 チェア 】
    ・ タモ / クリアオイル仕上げ
-------------------------------


=======================================
          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=======================================

2018/03/08

サイドテーブル(組み立て式)



組み立て式のサイドテーブルを、納品いたしました。

美容の仕事で使うための、道具を備えて置く小さなテーブルをご依頼いただきました。
テーブルは、お得意様のお宅へ持っていき使うため、小さくして持ち運べるようしたい。
小さなスーツケースに納めてもっていけるサイズに。
というご要望でした。
 
折りたたむ、などの複雑な構造にすると、予算的に見合わなくなるので
簡単な仕組みで、バラして小さくできる構造に。
作業しやすい高さ、必要最低限の天板サイズに設定。

 

 
 
テーブルにのせる物は重みのないタオルや小物類なので、安定性をもたせながらも
スッとしたシンプルな佇まいになるよう考えていきました。
落ち着いた雰囲気の場にしたいということで、濃い茶色のオイルを仕上げを選らんでいただきました。

 

想うようなテーブルが見つけられず、ご自身で作れないものかと検討もされたお客様。
それでも用途や使い勝手を考えると、良い仕上がりものを使いたいと思い、
ここでなら作ってもらえるのではと、ご相談いただきました。

何となくこんな使い方で、何となくこんな形で、とはイメージはしているけど作ることができない。
また丈夫に雰囲気の良い佇まいの家具にしたい。
というお客様、ご自身の想うカタチを木の家具として作ってみてはいかがでしょうか。
お話しを伺いながらカタチをご提案させていただきますので、ご相談下さい。


-------------------------------
  【 サイドテーブル(組み立て式) 】
    ・ タモ / ダークブラウン色オイル仕上げ
    ・ 42 × 30 × 77 (cm)
    ・ 58,000円 (税込・参考価格)
-------------------------------


=======================================
          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=======================================

2018/02/22

ダイニングテーブル

 

 
ダイニングテーブルを納品いたしました。

新しく建てられた家に置くテーブルとして、シンプルな木のテーブルを求められていたお客様。
お店の定番、どっしりとしたスタンダードな4本脚角テーブル、
を気に入られ、部材を一部仕様変更した形でご注文いただきました。
天板サイズは、ゆったりと4人、また6人でも使えるような160×90㎝。
テーブル脚を、細めの印象にしたいということで、バランスをみながら6㎝角に。
その脚の外側の角を少し丸みをもたせたい。
と、いうご要望で製作いたしました。



新しい暮らしの始まりとともに、新たなテーブル。
木の肌触り、木の経年変化、日々の使い込まれていく中でできる跡。
無垢の木のならではの味わいを暮らしの中で感じていただけるのが
シンプルな形、木が活きるテーブルならではの良さ。
永い暮らしを経てテーブルがどのような表情をつくりだしていくのか愉しみですね。


ご自宅の様子(お客様より)



----------------------------------
今回、遠方よりご注文をいただきました。
こちらのテーブルは、脚が取り外しの出来る構造となっており、
お客様にて、組み立てをしていただきました。
また、送料はかかりますが、脚を取り付けた形でも、お届け可能です。

遠方にて、ご来店できない、また採寸等お伺いの難しいお客様にも
majakkaの家具を使っていただけるよう
テーブル、椅子など、一部仕様変更してできる形の家具に関して、
遠方の方よりご注文を承っております。
ホームページ等をご参考に、お気軽にお電話・メール等にてご相談ください。


-------------------------------
  【 ダイニングテーブル 】
    ・ タモ / クリアオイル仕上げ
    ・ 160 × 90 × 70 (cm)
    ・ 168,000円 (税込・参考価格/送料別)
-------------------------------


=======================================
          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=======================================

2018/02/08

食器棚 & ロッカー収納



食器棚を、神戸市須磨区T様へ、納品いたしました。

ダイニングキッチンで使う食器棚と、家族4人で使うロッカーのような収納を合わせた
シンプルな棚を作りたい、とご相談をいただきました。
現在使っている大きなキッチンの収納棚はあるのですが、
よく使い、気に入った食器並べ、出し入れしやすい棚を設けたい。
加えて、家族みんながよく使う場所に、ロッカーのような各自それぞれが使う収納を
作りたい。というご要望。

そこで、出し入れがやり易い上段は食器棚として、下部は個々の収納スペースとして、
検討していきました。
食器棚部分は、お客様のご希望で引戸に。
その引戸には、表面に水玉模様入りのガラスを選ばれました。
模様入りにすることで、内部が目立つのをおさえ、可愛げなアクセントになりました。
下の収納は、それぞれに開き戸をつけることも考えていきましたが、
お客様はできるだけシンプルな雰囲気にしたいということで、2枚の扉の内部に、
4つの個々のスペースがあるという形に。

全体の高さを背丈ぐらいでというご要望でしたが、各段の必要な高さを差し引くと
スペースに余裕ができるので、何かを仕舞える場所を設けてはとご提案。
この場所でよく使っていて、収納で不便を感じているものは何かないかと考えたとき
食卓によく出して使うけれど、大きくて出し入れのし難い場所に置いているホットプレートを、
収納できるといいな。
ということで、ちょうどよい幅・奥行きに対して、高さをホットプレートが入るように設計し、
製作いたしました。

納品時には、時間をかけ考え出来上ったシンプルな木の食器棚を前に
これから家族みんなで、長く大事に使っていきたいと、大変喜ばれました。

ご近所にお住まいということもあり、設計にあたって、何度もご夫婦で来店されたお客様。
ずっと使うものだから後悔しないよう、よいものを作りたいと、ご夫婦で熱心に相談しながら、
検討をしていかれました。
長く使うために、こうしてじっくりと自分たちにとって、欲しい物は何かを考える。
自分たちの想う暮らし方に合わせて作られた家具は、
既製品にはない、自分たちだけの形として暮らしに馴染み、
長く使われる中で、家族ですごした記憶を残す家具にもなっていくのではないでしょうか。


-------------------------------
  【 食器棚 】
    ・ タモ / クリアオイル仕上げ
    ・ 90 × 47 × 161 (cm)
    ・ 347,000円 (税込・参考価格)
-------------------------------


=======================================
          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=======================================










2018/01/27

小ぶりな食器棚

 


  

食器棚を、神戸市須磨区のN様へ納品いたしました。

ご夫婦二人の生活を始められ、これから少しずつ家具を揃えていきたいというお客様。
大きすぎない、置く場所に融通の利くサイズの食器棚を、ご相談いただきました。
お店で展示している食器棚の雰囲気、またサイズ感を気に入られ、
この棚をたたき台とし、置く場所、入れる食器類を考えながら形を検討していきました。

ご要望としまして、
天板の上には、レンジを置いて使いたい。
置く場所にある、コンセントの位置を考慮したワイドに。
展示の食器棚のような引戸タイプに。



主に食器をしまい、小ぶりなサイズ感ながらも、収納量を確保したいということで
高さを考慮しながら、二段の開き戸に。
扉は中が見えないようにしたいということで、木の鏡板にしました。
上段内部の棚板の間隔は、お客様が使うカップなどの高さを測っていただきながら高さを設定。
下部は食器以外の大きなものも収納することを想定した間隔にしました。
どこにでも設置しやすいサイズなので、今後部屋の間仕切りのような使い方も考え
背が見えても見栄えもよくなるよう、無垢の板で背板を作ることを選ばれました。



使用した感想では、レンジの使いやすさ、食器の収納具合が思ったようになりちょうどよく、
木の見た目、触り心地もよく満足された様子。
今後も木の家具を増やしていきたい、とご感想をいただきました。




これから、ご夫婦二人の暮らしを築いていかれるお客様。
今後、住まいを変えていくことも視野に入れながら、家具を揃えていきたいとのこと。
今回は、リビング、ダイニング、どのような場所でも使えて、馴染む食器棚を考えていきましたが、
長く使いたいと考えると、暮らし方の変化に伴って、柔軟に使える家具というのは大切なポイント。
特に、住む場所が変わることを前提としていると。

一時的に、事が足りればと、とりあえずの家具を用意する。そういった選択肢もありますが、
自分たちに合う、気に入ったもの、こだわったもの、を長く使うことを考えて作る。
そんな家具を一つ、暮らしに加えることで、家具に限らず、揃えていく物の選択する基準が生まれ、
暮らしの場が、雰囲気のまとまった落ち着きある空間になっていくのではないでしょうか。

ご自身の今欲しい・必要な家具を、こだわって作る。
そして自分たちの暮らしの中で、選び方のモノサシとなる家具を使ってみてはいかがですか。



-------------------------------
  【 食器棚 】
    ・ タモ / クリアオイル仕上げ
    ・ 84 × 41 × 101 (cm)
    ・ 212,000円 (税込・参考価格)
-------------------------------


=======================================
          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=======================================

2018/01/13

学習机の収納棚


 

学習机の収納棚を、神戸市須磨区T様へ納品いたしました。

五年ほど前に、小学生のお子様が使うデスクの注文をいただいたお客様。
その当時は、ひと部屋に姉妹それぞれのデスクを並べて使いたいということで
学校の机のような小ぶりなサイズで作らせていただきました。
今回は、お子様も大きくなり、姉妹それぞれの部屋を使うようにするとのことで、
デスクを広く使えるように、デスクに合わせた収納を作りたい、とご依頼いただきました。

ご要望といたしまして、
デスクと同じ高さで並べて、天板が広く使えるイメージで。
物を仕舞いこみすぎないよう、必要最低限な大きさに。
上には小物を入れる引出し、教科書、本などを並べられるように。


収納棚の奥行き、高さは、デスクにあわせ、幅は、デスクと合わせ全体で90㎝になるように設定。
深めの引き出しを一段、A4サイズの本が並べられるスペースを決めてから、
残り一段は、書類を寝かせて入れることを想定しました。

本を納める下段は、本を並べるだけでは、奥行きが余ってしまうということで、
奥を有効に使えないか、とお客様と考えていきました。
側面から何か取出せるようにするかなど検討していきましたが、
最終的に本が奥まで行かないよう段差を設けることを提案。
本を隠し扉のように考えた、隠しスペースとして使うこととなりました。
板を加えるだけのシンプルな設計ですが、遊び心ある発想を気に入られたようでした。


 
この収納棚は小さなデスクに加えるために作られましたが、
子供が使う小さなサイズのデスクのメリットとして言われるのが、
子どもにとっての自分の場所を作るとともに、
勉強する際、その勉強に必要なもの以外は置きにくいので、気が散るものが近くになく、勉強に集中できる。特に小さな子供ほど、集中力が続かないものなので、効果ががありそうです。
 
小さな机に、小さな収納を加えられたお客様。
必要になった時に少しづつ家具を加えていく。本当に必要とする機能・サイズで。
子どもが大人になった時でも、そのまま子が、また親が使うことも考えながら。
学習するための用途として、必要なくなった場合でも、
机は部屋のサイドテーブルとして。収納棚は、部屋の隅や少し空いたスペースの棚として。
新たな用途としてでも、ずっと使い続けられるように。
小ぶりなデスク・収納を作る背景にはこうしたお客様の考えもありました。

こうして、お子様の成長とともなって、じっくりと部屋の環境を整える。
お子様の様子をみながら、大人になるお子様を想いながら。
大きな学習机だと、場所の制約があって子供に机を用意してあげることをためらいがちですが、
小さなデスクから始める、そんな選択肢も良いのではないでしょうか。



-------------------------------
  【 デスク収納棚 】
    ・ タモ / クリアオイル仕上げ
    ・ 30 × 45 × 70 (cm)
    ・ 72,000円 (税込・参考価格)
-------------------------------


=======================================
          神戸・須磨 まちの小さな工房&お店 
       majakka (マヤッカ) 「家具+額縁」 

       【 majakka のホームページ 】   
        ⇒ 家具のオーダー事例・オリジナル家具 
        ⇒ 
店舗の詳細(連絡先・アクセスなど)
        ⇒ お問い合わせフォーム

=======================================